チャイルドシートはタクシーでも義務なのか?赤ちゃんと安全

小さな子供を連れておでかけする時、なんといっても一番便利なのは車。

 

電車のように階段やエレベーターのことをいちいち考えずにすみますし

車内で子供が暴れたり泣いたりしたらどうしようという悩みもせずにすみます。

 

そこでみなさんはお子さんを車に乗せる時、チャイルドシートをちゃんとつけていますか?

 

「ちょっと乗るだけだから」

「設置するのが面倒だから」

「頻繁に使うわけでもないのにわざわざ買うのはもったいないから」

 

そういう理由でチャイルドシートを着用していない人もいるのではないでしょうか?

しかし、自動車乗車中の幼児の死傷者数が5年間で3200人という状況が過去にあり

2000年4月1日から6歳未満の幼児に対するチャイルドシート利用が義務化されました。


【スポンサーリンク】

 

ですので6歳未満お子さんを持つ方はチャイルドシートを着用させないと

違反点数が加算させられるので注意してください。

 

a

そこで一つ疑問におもうことが

旅先で急に車が必要になった。

タクシーを呼んではみたけど

もちろんチャイルドシートなんて持ち歩いているはずもなく

タクシー内にも設置されていない。

この場合でも違反キップをとられるのか?

この疑問についてお答えします。

 

・タクシーに乗る場合も義務なの?

a

直前までどのような子供を何人乗せるか予想できず準備もできないため免除対象となります。

ここで注意したいのがレンタカー。

 

自分の車じゃないレンタカーをタクシーと同じような感覚で捉えがちですが

レンタカーの場合は免除対象にならないので注意してください。

 

車をレンタルする際、オプションでつけることもできますので事前確認しておくといいでしょう。

レンタカーは利用用途がわかっているので事前準備が可能。

タクシーは直前まで利用用途がわからないから事前準備が不可能。

タクシーにずっとチャイルドシートを設置しておくわけにもいかないですしね。

 

同じ乗用車に乗るのに、準備が予想できるかできないかで免除されるかどうかが決まるということです。

チャイルドシートの着用義務は可能かどうかである程度判断しましょう。

 

 

タクシー以外のチャイルドシート義務の免除

・病気やケガで病院などへ移動の場合

緊急を要する場合は免除対象になります。

病気やケガの状態によりチャイルドシート着用が困難な場合も免除対象になります。

 

・車の構造上設置が困難な場合

保育園の送迎バスなど、幼児専用シートになっていてチャイルドシート設置ができない場合は免除対象になります。

 

・子供の人数が多い場合

交通法では子供3人で大人2人分と数えるので

乗車人数が越えてなくても設置が困難な場合は免除対象になります。

 

・6歳未満であっても身長が140cm以上の場合

シートベルト着用対象となるためチャイルドシートの使用義務は免除対象となります。


【スポンサーリンク】

 

免除されるとはいえ、大事なのは違法にならないことではなく子供の安全を守ること。

チャイルドシートとしても使えるキャリーなども上手く活用すれば

急なおでかけでのタクシー利用などにも安全に乗車できます。

 

幼児にとって乗車中は急ブレーキ、信号待ちなどの正面衝突による事故

高速道路での速度が速い状態での走行と

危険と隣合わせです。

そこでチャイルドシートの正しい使用方法を覚えて

幼児の安全を守りましょう

 

 

チャイルドシート設置位置

後部座席に設置するのが一番安全です。

自分が運転する際、目が届く助手席に…と思いがちですが

助手席にチャイルドシートを設置するのは危険です。

 

万が一の時に作動するエアバッグ。

エアバッグは大人を対象として作られているため、その衝撃に子供は耐えられないとされています。

 

そして目が届くがゆえに、運転に集中できなくなり事故に繋がる場合もあります。

車の設計上、チャイルドシートの形状にもよりますが

サイドミラーが確認しづらくなるということもあります。

 

海外では助手席にチャイルドシートを設置することが違法になっている国もあり

危険な行為となっています。

 

 

チャイルドシート設置向き

子供が10kg未満なら後ろ向き、10kg以上なら前向きに設置するのが正しい方法とされています。

まだ目離せない子供を後部座席に後ろ向きで車に乗せると

様子を伺えなくて不安になると思いますが

専用の取り付け鏡なども販売されてますのでチャイルドシートと合わせて購入しておくと安心です。

 

親が抱きかかえているから安全でしょ?←実は危険です

チャイルドシートはもっていないけれど

子供を抱えているから安全と思っている人もおられるかもしれませんが

 

この考えは危険です。

 

現状、幼児の事故で多いのが

法定速度内での走行

なのです。

特に交差点内での事故が圧倒的です。

通常の交通事故で大人でも衝撃に耐えきれず

大怪我をしてしまうのに

うちのこどもではどうなってしまうのか・・・

想像するのも恐ろしいです・・・

 

その万が一のケースを防ぐためにも

車内ではチャイルドシートを着用させていきましょう。

もちろん、安全運転で。

 

 

 

せっかくのおでかけ。

事故のないように楽しく過ごしたいですね。

(かなえ)

 

関連記事

簡単なのに赤ちゃんがピタッと泣き止む!おすすめはこの4つの方法
外食中のレストランで 赤ちゃんが泣き出してしまった。 電車の中で赤ちゃんが泣き出してしまった。 世間には赤ちゃん...

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*