ボツリヌス菌の症状は?ハチミツは乳児に絶対与えないで

2017年4月、国内で初めて

乳児ボツリヌス症による死亡例が報告され

大きなニュースになりました。

 

6ヶ月の赤ちゃんに離乳食として与えていた

ハチミツに含まれていたボツリヌス菌が

原因だったということです。

 

最近では、母子手帳に記載があるので

「一歳未満の乳児にハチミツを与えるのは危険である」

ということを知っていたママは多いとは思います。

a


【スポンサーリンク】

でも、ハチミツがどのように危険なのか、

また、ボツリヌス菌がどういったものなのかということまでは

知らない方が多かったのではないでしょうか。

 

ボツリヌス菌について詳しく知り

危険な食品から赤ちゃんを守りましょう。

 

乳児ボツリヌス症とは?   

ボツリヌス菌は「芽胞」という

菌のタネのような状態で存在することが多く、

酸素の中では増殖できません。

 

この芽胞は、酸素の少ない環境に置かれると

発育・増殖し

強力なボツリヌス毒素が作り出されます。

 

このボツリヌス菌が

「芽胞」の状態で体内に入った場合、

通常は消化液や腸内の細菌の働きにより

増殖することはありません。

 

ところが、消化器官や細菌の働きが未発達な

赤ちゃんの腸内に入ると

発育・増殖して強力な毒素が作り出され

乳児ボツリヌス症が引き起こされます。

 

つまり健康な免疫状態の大人が食べても害がない

ボツリヌス菌の芽胞ですが

このように、乳児が口にすると大変危険なものなのです。

 

ハチミツは、殺菌や濾過をしない非加熱食品であるため、

ボツリヌス菌の芽胞が含まれている可能性があります。

 

1歳未満の赤ちゃんに与えてはいけないのは

そのためなのです。

 

ハチミツ以外にも黒糖やコーンシロップにも

ボツリヌス菌の芽胞が含まれている可能性があります。

 

1歳を過ぎるまでは乳幼児の口に入らないよう

家族で十分注意しましょう。

 

a

 

 

乳児ボツリヌス症はどんな症状が出るの?

乳児ボツリヌス症の症状として


【スポンサーリンク】

90%以上の赤ちゃんに見られるのが

5日以上続く便秘です。

 

お腹の張りや嘔吐といった、

胃腸炎の症状があらわれることも。

 

便秘以外の症状としては

 

・泣き声が小さくなる

・母乳・ミルクを飲む力が弱くなる

・手足を持ち上げられない

・頭を支えられなくなる

・無表情になる

 

といったものが見られ、

さらに症状が進行すると呼吸困難に陥ることもあります。

 

乳児ボツリヌス症が疑われるときは

すぐに病院を受診することが必要です。

 

ハチミツを口にしたかもしれない時…

ボツリヌス菌の芽胞は熱に強く、

加熱調理で死滅させることは難しいとされています。

 

たとえ加熱調理をしたものでも

離乳食にハチミツを使用することは控え

市販品を与えるときや外食の際にも、

成分に注意しましょう。

 

1歳を過ぎれば、腸内環境が整い

ハチミツを食べることができるようになります。

 

もし赤ちゃんがハチミツを口にしてしまった場合、

便秘や嘔吐などの症状がないか、

また前述したような症状がないか

赤ちゃんの様子をよく観察しましょう。

 

万が一症状が出るようなことがあれば

すぐに病院を受診しましょう。

 

感染しても早めに治療を受ければ

後遺症もなく完治することがほとんどです。

a

 

 

また、母乳育児中のママが

ハチミツを食べることは問題ありません。

 

通常の免疫状態の大人がハチミツを食べても

菌を取り込まないので、

母乳にボツリヌス菌が移行することはないからです。

 

日頃からニュースを家族の話題に

「ハチミツを1歳未満の乳児に与えてはならない」

との通知が厚生省(当時)から出されたのが1987年のことです。

 

今回の死亡事故で、大きなニュースになったとはいえ、

赤ちゃんのおじいちゃんおばあちゃん世代には

ハチミツが危険であるという認識がない方もいるはず。

 

栄養価が高くて食べやすいハチミツを

うっかり赤ちゃんにあげてしまうなんていうことも

考えられます。

 

赤ちゃんに食べる物を与える可能性がある周りの人たちと、

日頃から、赤ちゃんに与えてはいけないものについて

こういった機会に話し合っておくことも大事ですね。

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*