赤ちゃんの下痢…見分け方は?母乳はあげても大丈夫なの?

子供が生まれて、初めて

赤ちゃんのウンチというものを見るママは

こんなにゆるゆるなものなの?

と驚くかもしれません。


特に、母乳だけを飲んでいる

赤ちゃんのウンチは

水分が多く、ゆるゆるですよね。

 

慣れないうちは、これって下痢なのか、

普通の健康なウンチなのか…

判断がつかず


【スポンサーリンク】

病院へ連れて行ったほうが

良いものか悩むことも。

 

赤ちゃんが下痢をしているのかどうか…

見分け方を知っていれば、

少し下痢ぎみになってもあわてず

対処できますよ。

 

赤ちゃんの下痢ってどんな状態を言うの?


赤ちゃんのウンチの回数は、

月齢により変わってきます。

新生児の頃は、おむつを替えるたびに

ウンチが出ていることもあり

一日に10回を超えることも。


通常、新生児は一日5回程度、

生後2~3ヶ月くらいでは

一日3~4回が健康な排便回数の目安です。

 

もちろんそれより少ない

赤ちゃんもいますが

一日1回は出ていれば、

大丈夫と言われています。

 

新生児期のウンチは黄色で

水っぽくベタベタしていて、

くさいというより、酸っぱいような

においがします。

時に緑色や茶色っぽくなりますが、

基本的に問題はありません。

赤ちゃんのウンチが普段より

もっと水っぽく、

回数も増えていると、下痢を

している可能性があります。


おむつの股や背中からしみ出すような

水っぽさのときは

下痢の可能性が高いです。


ただ、この頃はまだ普通のウンチでも

水っぽいことが多く

下痢との見分けが難しいので

日頃から、ウンチの様子と回数を

把握しておきましょう。

 

母乳が原因で下痢になる?

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、

ミルクを飲んでいる赤ちゃんと比べて

ウンチがゆるくなる傾向にあります。


回数も、ミルクの赤ちゃんより多いです。


これは、母乳の中に多く含まれる乳糖が

赤ちゃんの腸内のビフィズス菌を

活性化させるためですので

下痢ではなく、心配はいりません。


また、ママが食べたものが原因で

下痢となることもありませんので

安心して母乳をあげてください。


大人は一般的に、下痢をしている時は

乳製品を控えますが

赤ちゃんの場合は、

下痢だからといって

母乳やミルクを減らしてしまうと

赤ちゃんの体力が落ちてしまいます。

 

下痢のときでも、母乳は

普段通りあげましょう。

 

下痢の原因は?

下痢以外に嘔吐や発熱の症状が

見られる場合、

ウィルス性の胃腸炎の可能性が

考えられます。


また、離乳食が始まっている場合、

乳製品のとり過ぎや、

繊維質の多い食品が

下痢の原因になることも。


また、卵、牛乳、大豆などの

食物アレルギーがあると

アレルギー反応として


【スポンサーリンク】

下痢などの症状が出ることがあります。

 

また冷たいものを飲んだり、

おなかが冷えてしまうと

大人と同じように下痢ぎみに

なったりします。

 

赤ちゃんが下痢ぎみのときには、

これらの原因で思い当たることがないか

まず考えてみましょう。

 

下痢をしている時、どう対処すればいい?

顔色が良く、母乳やミルクの飲み方が

いつも通りであれば

心配はないので、様子を見ましょう。


下痢をしている時、

まず注意が必要なのは

脱水症状にならないようにすることです。


下痢によって失われた水分を

こまめに補給することを忘れずに。

 

嘔吐の症状がある時は

一回に大量に与えると

吐き戻してしまうことがありますので

大量にではなく、回数を増やすことが大事。


母乳やミルクの回数を意識的に増やし、

プラスして白湯や赤ちゃん用の飲料を

あげてもいいですね。

下痢をしていても、熱がなく

ご機嫌も悪くなく

水分がとれていれば、

慌てて病院へ行かなくても大丈夫です。


便の様子やその他の症状がないか

様子を見ましょう。

また、下痢の時はオムツの中が湿って

オムツかぶれになりやすいので

こまめにオムツを取り替え、

一日2~3回ぬるま湯で

お尻を洗ってあげましょう。


お尻を洗えない時は

温かい濡れガーゼで拭いてから

よく乾かしてオムツをしてあげてください。

 

おしり拭きシートなどで

こすり過ぎないように

気をつけましょう。

下痢以外の症状はどうですか?こんな時は病院へ

 

・38.5度以上の発熱、嘔吐が止まらない

・下痢に血が混じっている

・一週間以上下痢が止まらない

・下痢の回数が増え顔色が悪い、

元気がなくなっている

・普段と違う異臭がしたり、

白色の水様便が出る

 

このような症状が出たら、

病院を受診しましょう。

 

水分を受け付けず、ぐったりしていたり

下痢や嘔吐の症状が激しくなって

様子が変わってきたら、病院に連絡をとり

指示を受けたほうが安心です。

 

また、いつもと違う様子の

ウンチが出たときには

スマホで写真をとっておくと

病院で診察を受ける時に

役立つことがあります。

 

日頃からの観察が、いざという時役立ちます

ウンチは健康のバロメーター

とも言われます。

 

体調を自分で表現できない

赤ちゃんのうんちは

赤ちゃんの体調を知る

大きな手がかりになります。

 

日頃から赤ちゃんのウンチの様子や

だいたいの回数を

把握しておくといいですね。

 

そうすれば、いつもと違う異変にも

気づきやすくなります。

 

風邪や胃腸炎で病院にかかったときに

日頃の様子を正しく、

医師に伝えることができるのも

大事なことです。

 

日頃からよく観察しておくことで

いざという時にもあわてないで

対応したいですね!

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*