経口補水液の作り方。赤ちゃんが飲んでも安全!飲ませ方に一工夫を

赤ちゃんの補水、しっかりと行っていますか?

 

赤ちゃんはとても汗かきです。

 

また、体調を崩しやすく、おう吐や下痢、発熱してしまった時には

予想以上に水分が失われてしまいます。

 

脱水症状がひどくなるとぐったりとしてしまい、一刻を争う事態も起こりうるのです。

 

しかし赤ちゃんは、

「のどが渇いた」「何か飲みたい」

と口に出すことはできません。

 

飲む量も、一度にたくさん飲むことが難しく、十分な補水を一度で済ませることは難しいもの。

となると、効率よく身体にいいものを摂取させたいですよね。


【スポンサーリンク】

 

今回は、身体に効率よく摂取することができる「経口補水液」の作り方

そしてその飲ませ方も紹介していきたいと思います。

 

まず初めに、次の4つの症状が見られた場合は、脱水のサイン。

 

・泣いているけど、涙があまり出ない

・眠りがち

・熱があるのに汗をかかない

・おしっこがあまり出ない

 

この場合は一刻も早く、経口補水液を用意しましょう。

経口補水液というと薬局でしか売っていないイメージがありますが

自宅にある材料で簡単につくれます。

 

経口補水液のレシピ 家にある砂糖と塩だけあればOK!

・水:500ミリリットル

・砂糖:40グラム(約大さじ2杯)

・塩:1.5グラム(約小さじ1/4杯)

・果汁:味付け用適宜(レモンにすると、クエン酸の働きで吸収度が上がります。)

 

作り方

1.湯冷まし500ミリリットルに砂糖と塩を入れ、混ぜる。

2.果汁で味付けをする。

 

暑いときには水で作りたくなるかもしれませんが

赤ちゃんのお腹のことや吸収率を考えても、ひと肌程度のあたたかさが良いでしょう。

 

あたえる量とあたえ方

 

学童から成人は500~1000ミリリットル

幼児は300~600ミリリットル

乳児は体重1キロあたり30~50ミリリットルと言われいます。

 

赤ちゃんはまだ一度にたくさんの量を飲むことができません。


【スポンサーリンク】

ですから、こまめに与えていくことが必要となります。

 

コップやストローで上手に飲める子は問題ないですが

まだうまく飲み込めない子は、工夫してあたえなければいけません。

 

哺乳瓶のちくびを使って飲ませたり

おっぱいをあげるような姿勢になってスプーンに経口補水液を乗せ

口の上にあてるように飲ませるとごくっと飲めるかと思います。

 

嫌がるかもしれませんが、補水は大切なこと。

しっかりと飲ませてあげましょう。

 

今回は、ご家庭でお手軽に補水できる方法を紹介しました。

でも子どもが少しでもぐったりとしていたら、すぐに病院へ。

 

ぐったりするには何かしらの原因があります。

「これくらいなら大丈夫かもしれないし…」

と思い、漠然とした不安を抱えるよりも

 

病院へ行って

「大丈夫です。何も問題はないです。」

と言われたほうが安心できるのではないでしょうか。

体調の変化があった場合には、すぐに専門の方に見てもらいましょう。

 

夏だけではなく、冬でも起こりうる脱水。
こまめに行い、健康に過ごしていきたいですね。

(あい)

 

関連記事

夏の時期に特に気になるのが汗ですよね。

赤ちゃんのあせもや股擦れ対策に

 

ベビーパウダーは使っちゃダメ!

といったことを聞かれたりして

ベビーパウダーを使ってもいいの?

と不安になられる方のためのベビーパウダーについてまとめました。

【赤ちゃん】あせもや股擦れにベビーパウダーは良くない?
昔からあせもや、お肌同士の摩擦によるかぶれの予防 女性のお化粧直しにと幅広く活躍してきたベビーパウダー。 しかし最近は...

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。