知らないと恥ずかしい!?夏の時候の挨拶 7月はどんな季語がある?

ビジネスの場面では取引先などに

手紙を送る機会は非常に多いと思います。

現在はもっぱら手紙よりも

メールが主流ですが、ビジネスメールでも

やはり時候の挨拶はあった方が、

相手の印象も良くなります。

時候の挨拶というのは

四季の風物を謳っているもので、

季節感を大切にする

日本人独特の慣習でもあります。


【スポンサーリンク】

日常会話では使うことのない文句が

多いので、いざ書いてみようとすると

なかなか難しく感じてしまうものですが、

パターンは幾通りもありますので

ぜひ色々な挨拶文にチャレンジしてみましょう。

ここでは7月の時候の挨拶を

いくつか挙げていきます。

 

漢語調と口語調の使い分け方

 

 

時候の挨拶には、大きく分けて

漢語調と口語調の二種類があります。

また、続けて相手の安否を

気遣う文章を繋げます。

それぞれの特徴とシーンを把握して、

上手に使い分けましょう。

・漢語調

盛夏/仲夏/猛暑/酷暑/炎暑/盛暑/

向暑/大暑/裂暑/極暑/厳暑 など

(~の候、~の折、~のみぎり、と続ける)

例)拝啓 盛夏の候 貴社ますますご清栄

のこととお慶び申し上げます。

拝啓 酷暑の候

○○様におかれましては益々ご活躍の

こととお慶び申し上げます。 など

(目上の人、ビジネス文書などの

改まった手紙に使う)

・口語調

暑中お見舞い申し上げます/

うだるような暑さが続いておりますが/

夏もいよいよ本番となり/

暑い日が続きますが/

日ごとに暑さが増して など

例)うだるような暑さが続いておりますが、

皆さまいかがお過ごしでしょうか。 など

(親しい人への手紙に使う)

漢語調は一見非常に難しそうで、

まずどれを選べば良いのか

分からない言葉の羅列にも思えますが、

使い慣れてくると

いくらでも組み合わせができるので

簡単にすら感じてきます。

口語調は実際の会話でも

使えそうな言葉ばかりなので、

相手の顔を思い出しながら

語りかけるつもりで選べば、

しっくりくる文章が必ず見つかります。

 

初旬、中旬、下旬の季語がある

 


【スポンサーリンク】

 

7月だけでも、初旬、中旬、下旬と

それぞれの時期に合った季語があります。

確かに、6月直後と8月直前では

かなり体感温度も違ってきているため、

日に日に「あー暑くなってきた。

夏本番だなあ」と思いますよね。

季語にもそういった季節の移り変わりを

感じさせる言葉がありますので、

そこを抑えておけば

いざ手紙を書くときに

どんな季語が合っているかが

すぐに分かるようになります。

・7月初旬

梅雨明けの候/向暑の候/

星祭の候/小暑の候/

富士山も山開きの頃となりました/

もうすぐ七夕 など

例)拝啓 星祭の候

貴社におかれましては~

もうすぐ七夕

子供たちが短冊作りを始めました。 など

・7月中旬

仲夏の候/盛夏の候

(特に7月中を通して使える季語)/

猛暑の候/酷暑の候/

うだるような暑さが続いておりますが/

夏もいよいよ本番となり など

例)拝啓 仲夏の候

平素は格別のご高配を賜り~

向日葵が日毎に背を伸ばすこの頃

皆様におかれましては~ など

・7月下旬

大暑の候/酷暑の候/猛暑の候/

毎日厳しい暑さが続いておりますが/

花火大会が待ち遠しい季節となりましたが など

例)拝啓 酷暑の候

皆さまにおかれましては~

夏祭りが待ち遠しい季節となりましたが、

お変わりありませんでしょうか。 など

 

結びの文にも季節感を出そう

 

 

文章の終わりにも、時候の挨拶を取り入れて、

相手の体調を気遣って締めましょう。

例)暑さ厳しき折、

皆さまのご健康をお祈り申し上げます。

土用に入り本格的な暑さになりましたが、

くれぐれもご自愛ください。 など

注意すべきは、季語は旧暦に合わせて

作られているため、現在の季節感とは

ズレが生じる場合があります。

あまりにも現状と違う季語は

使わないようにしましょう。

また、冷夏なのに「酷暑の候」というのも

おかしいですね。実際の気象に合う

季語を選んだり、夏休みが近づき

子供たちもそわそわし始めました。

などのイベント事に絡めて夏を感じて

もらうような工夫をしてみましょう。

 

まとめ

 

1.時候の挨拶には、「盛夏の候」などの

漢語調と、「暑中お見舞い申し上げます」などの

口語調があり、相手やTPOによって

使い分けると良い

2.7月の中でも初旬、中旬、下旬の

季語と時候の挨拶がある

3.結びの文にも季節を意識した文章を用いる

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*