マンションの騒音になる子供の足音対策!

マンションやアパートに住んでいて

隣の人や、上の階の声や足音が気になる事はありませんか?

 

私が一人暮らしをしていた時には

上の階に住んでいる人の音楽のボリュームが気になった事があります。

 

集合住宅は様々な人が住んでいる為

近所付き合いが希薄になっている現在では

トラブルの元になりかねません。

 

特に騒音となってクレームが多いのが

「子供の足音などの生活音」です。

特に小さい子供は歩幅も小さいので


【スポンサーリンク】

走っているように聞こえます。

 

小さい子供に行動の制限は難しいのも現状ですが

子供を持つ親として「仕方ない」で片付けるのではなく

実際にどのような音が出ているのかを知り

出来る対策を行う事が大切です。

 

子供が出す音には

・子供が泣く声や親が叱る声

・子供が走り回る音、椅子やソファからジャンプする音

・おもちゃを落とす音や引きずる音

・テレビやDVD、楽器の音

などがあります。

 

ちなみにうちの娘はダンスが大好きなので

音楽なしでも踊ってしまいます。

たとえ、階下の人が同じく小さい子供を持つ家族だったとしても

生活は違いますし、体調が悪いと音に敏感にもなります。

 

実際色々な事情があっても

上の階に住んでいるというだけで「お互い様」というのは通用しない事が多いです。

私の経験からよかった対策をお話します。

 

子供が2人(2歳と4歳)で階下の夫婦からの苦情

結婚当初から住んでいるアパート(一応鉄筋)。

我が家の入居時、下の階には

子持ちの家族が住んでいました。

 

5年ほど住んでいるうちに、我が家も子供が2人に増え

下の階の住人が、新しく引っ越されて来ました。

 

50代前半位のご夫婦(子供なし)でしたが

わざわざご挨拶に来て下さり穏やかな印象でした。

889ec7c9741efb98425e45312a9765df_s

 

「うちには小さい子供がいる為

うるさい事もあると思うので

ご迷惑をかける事もあるかもしれません」

とこちらからも挨拶しました。

 

 

それからしばらく、何度か外で会いましたが

子供達と話す事もなく挨拶程度の関係でした。

 

数ヶ月経った頃、下の階のご主人が

「子供の足音がうるさくて休めない」

と言いに来たのです。

 

聞けば病気療養中で、夕方も寝室で休んでいるとのことでした。

その時は私の主人が対応し、すみませんと謝罪しました。

 

確かに子供の足音は響くと思いますが

子供がいる旨は伝えていましたし

「神経質な人なのかな?

そんなに大きな音を出していたとは思ってなかったけど・・・」

心の中では不信感もありました。

 

そこで次の日、謝罪も込めて詳しい時間や音を聞きたくて伺いました。


【スポンサーリンク】

 

奥さんとお話をしましたが、

うちは共働きで昼間はほとんどいませんし

夜も9時には寝かせていたので

非常識な時間までは騒いだりはしていない事を伝えました。

 

奥さんの言い分では帰宅してから寝る時間の3時間の事を言っているのです。

日曜日も出かける事が多く、長時間足音があったとは思っていませんでした。

 

奥さんから

「天井(床)の作りも薄いから音が響きやすいのもあるから仕方ないですよ」

と言って頂けたので、謝罪と

子どもがジャンプなどしないよう気を付けるようにしますと伝えました。

 

もともとクッション性のあるフローリングでしたが

その後、足音の対策として

子供が遊ぶところにはマットを敷いていました。

 

子どもにも

ソファからジャンプしていたのを止めたり

廊下を乗り物に乗って走っていたのでやめさせました。

 

また、おもちゃを投げて下に落とすのにも気をつけました。

 

下の階のご主人が休んでいる部屋の上の部屋では遊ばせないようにすることで

それ以降は苦情はありませんでした。

 

病気療養中で夕方休んでいる生活に私たちが合わせないといけないのか?

正直うちだけの問題だろうかとスッキリしませんでした。

相手も3時間くらい我慢してくれたらいいのになー。

 

しかし、外で会った時に挨拶だけでなく

「いつも騒がしくてすみません」

などの相手への気遣いがあったら

お互いもう少し寛容になれたと思います

 

響く音や外に漏れる音の対策

物理的な騒音対策は4つ。

1、ジュータンあるいはクッション性のあるマットや置き畳を敷く。

2、イスやテーブルには足カバーをつける。

3、家具を置く位置を工夫する。

      隣の部屋の壁側に大きな家具を置く。また、走り回りにくい家具配置にする。

4、子供が泣いた時は窓やカーテンを閉める。厚地のカーテン又は防音カーテンの 使用。

 

さらに、有効的な騒音対策は「ご近所コミュニケーション」でしょう。

ご近所の人と仲良くなれば小さいことは気にしなくなっていくでしょう。

 

 

そこで集合住宅では全ての家族の方と交流を持つ事は難しいですが

会った時には挨拶をを心がけましょう。

 

特に隣の部屋の方や下の部屋の方は同じくらいの子供がいても

「ご迷惑かけてませんか?」と気遣う気持ちも大切です。

 

 

 

騒音対策をすることはもちろんですが

近所の方達とのコミュニケーションも

大切な対策のひとつではないでしょうか。

 

(ももまる)

 

関連記事

年齢の違うママ友との敬語の使い方
子どもを通してのママ友とのお付き合い。 年齢を相手に聞くのは失礼ですし 敬語をどう使えばいいのか、悩んでしまいます。 ...

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。