これを知っていれば間違えない!お供えののし紙を薄墨で書く理由とは?

急な不幸や初七日、お盆など、

故人へのお供えものにはのしをつけてもらいますね。

その際、表書きで普通の墨を使うのか

薄墨を使うのか、迷ったことはありませんか?

またデパートでのし書きをしてもらう際も、

薄墨だったりそうでなかったりと様々です。

これには何かきまりがあるのでしょうか?

もし間違っていたら失礼にあたるかな!?

でも正しいのはどっちなの?と

気になりだすとどんどん心配になってしまいます。


【スポンサーリンク】

以下に、薄墨の意味、薄墨の時期など、

諸説あるようなのでご紹介します。

 

薄墨を使う意味と理由

 

 

なぜ薄墨なのかというと、

「突然の訃報に、墨をする時間がありませんでした」

という意味や、

「涙が硯に落ちて、墨が薄まってしまいました」

という意味から来ています。

予期せぬ不幸に動揺しているという

意味合いが込められており、突然の不幸には

薄墨を使うのがマナーとなっています。

お通夜にばっちり喪服を着ていくよりも、

普段着や暗目の服で行った方が良いと言われるのも、

「不幸に備えて準備していた」と思われないよう、

あくまで「突然だったので間に合わせで

申し訳ありませんが」という気持ちを表す

マナーなのです。

したがって、お葬式や初七日のお供えもの、

香典袋には薄墨を使用するのが賢明です。

 

お供えに薄墨を使う時期

 

 

ではお葬式の後に続く

一周忌、三回忌、七回忌、

その後の法事のお供えは、

全て薄墨で書くべきなのでしょうか?

これらは地域や宗教によって

それぞれ違ってきますので、

これといったきまりはないようですが、

般的には四十九日の忌明け法要までとされています。


【スポンサーリンク】

それ以降のお供えは

前もって準備していますので、

薄墨である必要はないとのことです。

例えば一周忌や三回忌、お盆など、

故人を偲ぶ法要の場はずっと続きますが、

その都度突然の哀しみに動揺する

というのもおかしな話ですよね(笑)

初七日までは故人との突然の別れを

悲しんだとしても、それ以降の法要では

むしろ故人の思い出話しに花を咲かせ、

故人のあの世での幸せを仏様に祈るという

意味があるので、墨の色も普通の黒で良いでしょう。

 

返礼にも薄墨を使う

 

 

余談ですが、香典返しのお品や

お供えへの返礼品ののし紙には、

水引の上の部分に「志」と記すのが一般的ですが、

これも薄墨で書かれます。

お礼の挨拶状にも

薄墨で印刷されていることがほとんどですね。

不幸の知らせから忌明けまでは薄墨と

理解しておくと、間違いないでしょう。

 

ただし、僧侶や神職への法事の返礼品や

引き出物には、黒い墨で

「志」「忌明」「四十九日忌」などの

のし書きをしますので覚えておきましょう。

この時ののしは、内のしです。

 

まとめ

 

1.薄墨の意味は、

「突然の不幸に気が動転し、

しっかり墨をすることができなかった」

「涙で墨が薄まりました」という哀しみを表す

2.薄墨で書くのは

四十九日の忌明けまでで、

それ以降の法要では普通の墨でかまわない

3.香典返しの品やお供えの返礼品には、

のし紙に薄墨で「志」と記す。

ただし宗教家への返礼品には、

薄墨は使わず普通の黒い墨でのし書きをする

 

実際、薄墨でなく普通の墨で書いても

遺族は腹を立てたりはしないでしょうが、

薄墨の意味を理解していれば

自ずと不幸の場面では

力強い色で書く気にはならないでしょう。

故人との別れを悲しむ気持ちと、

消えそうな薄い墨の色は

似通っているものがありますね。

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*