ママ友はやっぱり必要?小学生からの付き合い方のコツ

幼稚園、保育園のママ友と、小学生のママ友って違うの?

子供を幼稚園に通わせて家事をこなしていたママと

保育園に預けて働いていたママ。

 

どちらのママたちも気になることのひとつが、

小学校に入学してからのママ友との付き合い方。

 

幼稚園ママは、家事の合間をぬって

グループでランチを楽しんだり

子供の公園遊びに誘い合わせて出かけて

積極的な交流をしている方が多いです。

 

保育園ママは、他のママと顔を合わす機会が少ないため

幼稚園ママたちよりは、だいぶママ友の付き合いは少ない様子。


【スポンサーリンク】

 

いずれにしても、やはり子供のためと思って

誘われたら多少無理してもお付き合いする

というママたちは多いし

 

頼まれたら断れないのが日本人の国民性

 

小学生になっても、ママ友とランチやお茶のお付き合いがあるのかな?

ママ友グループに入れなかったらどうしよう?

子供のためにはやっぱりママ友がいないとダメかな?

 

人それぞれに気になるポイントはあると思います。

 

小学生からのママ友付き合いは、どんなふうに変わってくるのでしょうか?

 

小学生からのママ友付き合いは2つのタイプにわかれる

小学生になると、ママ同士で顔を合わせる機会は

ほぼ学校行事のみに限られてきます。

 

幼稚園時代、毎日のようにママ友と顔を合わせ

がんばって良好な人間関係を続ける努力をしていたママたちにとっては

環境が激変するといえますね。

 

日中に忙しくなってくるママも多いから

ランチやお茶に誘い合う機会も自然に減ってきます。

 

幼稚園時代のママ友付き合いにストレスを感じていたママは

無理してママ友交流を続けなくても

子供に直接的な影響は出ないことが多いでしょう。

 

一方、子供つながりで始まった関係を

自分の楽しみに変えて、積極的に交流をはかるママも。

 

学校の役員や地域活動、ボランティアなどで

交流や活動の場は増えていきます。

 

ママ友とのお付き合いを最小限にしようとするタイプと

どんどんネットワークをつなげて、大きくしようとするタイプ。

 

どちらのタイプだとしても、ママ自身の意志で

おつきあいをコントロールできるようになってくるのが

小学生のママ友なのかな、と感じます。

 

ママ友とのトラブルは?

ママ友の話題に必ずつきまとうのが

ママ友同士のトラブル。

 

未就学児のときのママ友トラブルといえば

ママ同士で気が合わない。

 

仕切るママがいて仲間はずれにされる。

といったようなママ同士のトラブルが多いです。

 

それが、小学生になると

そもそも顔を合わせる機会が減るので

ママ友同士での直接的なトラブルは少なくなります。

 

ただ子供が成長した分、トラブルの内容には変化が。

 

小学生の子供たちは単独で行動しはじめますから

子供同士でトラブルがあっても

たいていのことは自分たちで解決してきます。

 

でも、そんなささいなトラブルが

子供を通して思わぬ形で相手ママに伝わったり

こちらに伝わってきたり。

 

直接会う機会が少ないから

ママの間でうわさ話がひとり歩きしたり。

 

あるママのお話しでは高熱を出してダウンしていたところに

子供の友達が「家で遊びたい!」と言い出したので

「ごめんね。インフルエンザだと思うから、外で遊んでね」

と外へ遊ぶよう促して過ごしました。

 

その友達が家に帰ってお母さんに遊んだことを話したところ

「そんなの嘘に決まってる、家にいれたくないだけやろ」

と言われ、子供づてに聞かされたことも。

 

 

ママ友間のコミュニケーションが少ないゆえの


【スポンサーリンク】

問題を経験するママもいるようです。

 

こういったトラブルの時に困らない程度に

普段から子供の様子を情報収集できるような

ママ友付き合いは、やはりあったほうが良いと感じます。

 

顔見知りのママとの礼儀や信頼関係を意識する

ママの目から離れたところでの

遊びや活動が多くなるのは成長のあかし。

 

それでも、子供が外で誰と何をしているかを

きちんと把握しておくのは大事です。

 

子供から、学校や外出先での話をしっかり聞くようにして

交友関係やお友達の様子を知っておくと

なにかあった時の対処がしやすくなります。

 

よく遊ぶお友達のお母さんと会ったときには、

お互いの子供の様子を伝え合う程度の話ができる関係に

なっておくと安心。

 

できれば連絡先を交換しておき、

子供がおうちへお邪魔したら、お礼のメールをするなど

最低限のコミュニケーションはとっておきたいもの。

ママ友2

○○ちゃんのママはきちんとしているね

よその子も見てくれているね、という

良い印象を周りに与えることにもなり

子供のためにも大事です。

 

無理をしてお茶やランチに誘う必要はなく

最低限の礼儀をわきまえて

ある程度の信頼関係を作っておくことで回避できるトラブルはたくさんありますね。

 

ママ友は情報の宝庫!グループにこだわらないお付き合いを。

小学生になったとはいえ

学校からの連絡事項や持ち物について

子供に聞いてもはっきりわからないようなことは日常茶飯事。

 

小学校ならではのさまざまな行事も増え

担任の先生に問い合わせるほどではないにしても

ちょっとした疑問や心配は、みんな持っているはず。

 

そんなとき、普段から情報を共有できるママ友付き合いがあるととっても安心。

電話やメールで気軽に連絡がとれれば、お互いに助かります。

 

きょうだいのいるお友達だと、お兄ちゃんやお姉ちゃんの情報も入ってきて

何年か先のことも少しずつ見えてきますよ。

 

グループでのおつきあいにこだわらず

同じクラスのお友達ママ、習い事のお友達ママ、近所のお友達ママ

いろんなタイプの気軽なママ友を作っておくと

はば広い種類の情報を共有することができますよね。

 

どんなママ友付き合いをしたいか、ママ自身の意思をもつ

こうしてみると、ママ友と一切関わらずに

小学生時代を乗り切ろうとするのは難しそうです。

 

コミュニケーションを取りすぎてもママ友トラブルになる。

かと言ってコミュニケーションがなくてもトラブルになる。

 

ですので、付き合い方として、立ち話ならセーフ

ママ会はアウト

この人とは性格が合わないから挨拶だけはしておこうといったような

 

適度な距離を保ちながら必要な時には協力しあう。

というママ友関係が、小学生時代にはうまくいくことが多いようですね。

 

同時に、自分自身が

ママ友ネットワークを広げたいタイプなのか、

そうでないのかをよく考えておくのも必要。

 

そして、自分や子供に必要ないと判断したお誘いは

きっぱり、感じよくお断りできるように

ママ自身が自分の意思を持っておきましょう。
ママ友3

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。