友達ができないなら、励まし上手褒め上手で好かれる人になろう!

4月から新しい生活環境が始まり

知り合いが多くなった。

5月になって落ち着いてきたので、

仕事を始めた。

6月になって気がつけば顔見知り程度で

友達ができていない方。

 

子供の入園や進学で顔見知りは増えたけれども

友達には、なかなかなれない。

 

 

なんでだろう。

 

 

口下手で話すきっかけが難しい。


【スポンサーリンク】

受け身なタイプだから

相手から歩み寄ってくれるのを待っている。

 

性格だから仕方ないよね。

せめて嫌われないように、笑顔でいよう。

 

 

そんな風に思ったりしませんか?

 

 

逆に

どうでもいいような話ばかりしてしまって

本当に知りたい、聞いてみたいことをなかなか切り出せない。

 

おしゃべりが好きだけれど

余計なことを言ってないか

相手が引いてないか不安になってきた。

 

性格だから仕方ないよね。

せめて煙たがられないように、笑顔でいよう。

 

 

そんな方もいるかもしれません。

 

hagemasi_02

 

私は友達ができるまでは前者。

仲良くなると後者のような不安を持ちます。

 

 

そんな人付き合いの中で

「あ~、この人はいいな。こんな感じの人になりたい」

と、憧れるような方もいます。

 

そんな方の周りには自然と人が多く寄ってきますし

一緒にいて心地がいいものです。

 

 

年齢はママ友で30代の女性もいれば

会社の上司の50代の男性もいます。

主人の会社の同僚の40代の男性。

お隣に住む80代の女性、40代の女性もそうです。

 

こんな様々な年代の男女問わずに共通する

「この人と友達になれて良かった」

と、思える共通点。

 

それは

「励まし上手」「褒め上手」

 

うまくいかないことを愚痴を言うだけではなく

見下すこともなく

必ずどこかで励ましてくれる方たちでした。

相手の良いところを認めて褒めてくれる「褒め上手」でもあります。

 

私もこういう風になれたら。

そんな「友達になるならこういう人」

「こういう人になって友達を増やそう」

まとめてみました。

 

 

 

ご近所友達になった80代女性の感動したおもてなし

hagemasi_03

引越しを機に人間関係も1から築く。

我が家は夜型なので騒音など、ご近所にも配慮しなければ。

 

ちょっとしたプレッシャーです。

引越しをしたのは1年前なのでやっと1年のおつきあいです。

 

引っ越してからすぐ手土産を持って夫婦で挨拶に行き

会えば少しずつ世間話をするようになりました。

 

東隣は80代の女性。Wさん。

車の運転もされる方でゴミ出しの時にも

しっかり化粧をされているような方。

 

はじめはゴミ出しのルールやテレビの音などうるさくないか

自分のわからないことを聞きました。

 

とても気さくな方で快く答えてくれたのですが

挨拶の時から

「若いのに、しっかりしてらっしゃるのね。

わからないことは、聞きにいらして。

たいてい、家にいますから。

お仕事は変えられたの?まぁ大変ね。

でもこちらの生活にもすぐ慣れますよ。」

 

と、「褒める・気遣う・励ます」

の、3点のポイントをしっかりと抑えて対応してくださいました。

 

さすが80代!(でも見た目は70代前半)

人生経験豊富で、人間関係にも慣れている感じです。

 

 

 

ある日、玄関の掃除をしていると

同じタイミングでWさんが出てきました。

 

クモの巣が気になるようで箒を上げていますが

身長が低いので少しやりづらそう。

ついでなので、と私が少し手伝いました。

 

 

すると、掃除をしながら色々なお話を聞かせてくれるのです。

 

亡くなられたお兄さんが書道家で

パリの「サロン・ドートンヌ、ル・サロン」の会員に推挙された方。

 

芸術好きの人からすると「サロン・ドートンヌ」というのは

パリを芸術の都と言わせるきっかけになった

ピカソやルノワール、ミロもこの展覧会に出ているようなすごいサロン。

 

hagemasi_04

 

芸術好きの人=私なのですが、かなり大興奮。

「すごいじゃないですか!」

と、お話を聞いていると

 

「私は、よくわからないんですけどね。

でも子供の頃、家にあいだみつをさんが遊びに来ていたのよ」

 

と、言うのでさらに大興奮。

あいだみつをさんは書道家。Wさんのお兄さんも書道家。

同年代でWさんのお兄さんが先輩にあたり、よく家にいらしたそう。

 

Wさんはあいだみつをさんを

「まだ学生でしたし、なんだか気難しそうで好きにはなれなかったわ」

 

なんておっしゃっていましたが

そんな冗談じみたいたずらっぽく話す様子もとても好感が持てました。

 

その時にお兄様の展覧会の画集を貸してくださいましたが

「わかる人が見てくれたら、亡くなった兄も喜ぶわ。

あなたも、絵が好きなら挑戦するといいわよ」

 

と、ここでも「気遣い・励まし」

を、くれました。

 

自分の事を話してくれたので

私も地球温暖化防止の絵本を出したことがあることを話すと

「エコって、大切よね」

と、おっしゃっていました。

 

 

話していて面白いし、ご自身はとても「謙虚」

80になっても安全運転で車でお出かけされています。

hagemasi_05

 

ある日、Wさんの車がアクアに変わっていました。

「新車ですね。いい車ですよね」

と、声をかけたら

「ほら、以前お話していたでしょう。エコって大切って。

それを思い出して、これにしたのよ。あなたのおかげね」

と、言われて、鳥肌が立つほど感動しました。

 

 

「言ったことを覚えていてくれた」「感謝」の言葉に

自分では相手に強要したわけでもないエコのお話を

きちんと受け止めてくれていたのは感動です。

 

とても良い年齢の重ね方をされていらっしゃるなぁと思いました。

 

 

 

「こういうおばあちゃんになりたい!」

 

 

 

誰からも悪口を言われないTさん。なんで?!

hagemasi_06

 

ママ友のTさんは3人のお子さんがいる30代のママさん。

この方もすごい褒め上手。

この方とは1年半のおつきあいです。

 

 

普通、付き合いが長くなると

「あの人は、時間にルーズだよね」

だとか

「あれって自慢じゃない?」

なんていう、悪口とまでは言わなくても

何かしらクレーム的な事が出てくるのが人付き合い。

 

 

これは女性なら仕方がないことかも。

と、僅かながら人付き合いの良し悪しも

わかってきた30代後半の私。

 

 

相変わらず人間観察が好きで

しれ〜っと耳をダンボにして色々な噂を

地獄耳でキャッチしているのですが

 

Tさんは、遅刻をした事も

ちょっと自慢に捉えられそうな話をしても

悪く言われた事のない方。

 

遅刻の後に謝る(基本)

それまでの状況を確認してすぐに会話に入り褒めて励ます!

 

こんな調子なので皆さん気を悪くしないのでしょう。

 

特別ムードメーカーでもリーダーシップがあるわけでもなく(←少し失礼)

社会的地位や職業的ステータスもないごくごく普通の主婦の方です。

 

この方が電話をくれると

Tさん「いま大丈夫?」

私「ブログを書いていましたが、少し休もうと思っていたので大丈夫ですよ」

Tさん「忙しいのにごめんね。すごいね。偉いね。」

もう、いきなり「褒める」んです。

 

私はたいしたことじゃないですよ~と言っても

 

Tさんは「すごいよ~。文章なんてまとめるの大変だもの」


【スポンサーリンク】

と、「苦労をわかってくれる」のです。

 

「相手の苦労を理解する」と、いう姿勢がある人は

「ありがたい人」だと私は思います。

 

 

私の主人は子供の頃、作文が嫌いで中学生になってからは

夏休みの作文の宿題はついに未提出で3年間終わったような人。

 

なので、私がブログを書いていても

「時間もかかるし、やめれば?」

怒りのこみ上げてくるような、まったくの無理解。

 

夫婦の距離感が彼方へと遠の瞬間でもあります。

 

hagemasi_07

 

私は「趣味のようなもの」と友達には言いますが

実際のところ「知的好奇心を満たしてくれる」

「文章表現が楽しい」「童話作家になるための練習」

だと思っています。

 

自分の夢のための訓練なんだと話しても

「ふ~~ん。30過ぎで夢ねぇ」

と、いった冷めた感想。

 

やっぱりがっかりしちゃいます。

 

hagemasi_08

 

その点、Tさんは同じ話をしても

「夢があるってすごいよ!なれるよ~!協力するよ~!」

本当に楽しそうに、とても肯定的。

 

今まで試作品で書いた絵本や童話を読んでくれて

実際に協力してくれます。

 

「ここは、わかりづらかったかな。でも、この表現はとてもステキ!

頭の中に、イメージが浮かんだよ。」

 

臆することなく

「ダメなところははっきり言う」「良いところは褒める」

的確なアドバイスをくれるのです。

これもありがたい!

 

 

 

 

「若いのに、いい人すぎる!友達になってよかった!」

 

 

 

励ましを送るのがライフワーク?!

hagemasi_09

仕事の上司と仲良くなるということは

あまりないかもしれません。

けれども、一人でもこういう方がいると

本当に仕事がしやすくなります。

 

Yさんは元上司、50代の男性です。

引越しに伴う転職の後も色々と相談に乗ってくれる方。

 

 

17年のお付き合いです。

 

特別フェミニストというわけではなく

男女問わず「人間力」という感じで鍛えてくれる?ような方。

 

 

実は意見の食い違いで衝突をしたこともあります。

 

その時は

「下から見えないことも、上に来れば見えることもある」

「偉そうに言わないでください!」

若気の至りで食って掛かったこともあります。

 

「生意気言うな」と他の上司が一蹴してしまうよう所を

「視野の広がりをもつ」

という事なのだと丁寧に根気よく教えてくれました。

 

 

この方の「励まし」はもはやライフワークになっているよう。

社内では人材育成部長(あだ名)で呼ばれていました。

 

 

hagemasi_10

 

時々ある社内会議の時。

会議の始まる前に、あまり使わない

会議室の机を拭いていたのですが、実は

 

 

自分がアレルギー持ちで埃っぽいのがイヤだから拭いておこう。

 

というのが本音。

 

何度か勝手にやっていたのですが、どこからかそれを見ていたYさん。

 

「みみみさんのおかげで、社員も気持ちよく会議が始められるね。

そういう気遣いはステキですよ。」

 

こちらが少し赤面しそうな言葉で褒めてくれました。

 

 

心の声は

(埃っぽいのがいやなだけ…)でしたけど。

 

 

他の社員の方も

「挨拶の声がすがすがしくていいね」

「暑い中、ご苦労様。お茶を飲んでから戻りなさい」

「電話対応が良くなっているね。何か勉強したのかい?えらいね」

と、気遣われたり、褒められたりでとても高感度の高い上司。

 

 

Yさんとお話をする時に気づいたのは

「相手の話の腰を折らない」

「話を要約して繰り返して確認」

「どう考え、どう思うのか」

この3点の後に

「私はこう思うが、それについてどう思う?」

という相手を尊重した話の聞き方。

 

 

最後に答えが出ると

「そうだね。君ならきっとできるから大丈夫。がんばるんだよ」

そう励まして終わるのでした。

 

hagemasi_11

 

 

「仕事だからでしょ?」と思うでしょうが

このポイントをついて

子供の話を聞くときにとても有効。

 

子供の話はちぐはぐしていて

時には過去のことまで持ち出したりと脱線しがち。

 

 

会社内の人材育成も、家庭内の子供の教育も通じるところがあります。

 

最後まで聞いて、要約、思いを聞いて、自分の意見を言う。

 

時にはすぐに答えが出ない時もあり

「少し時間をちょうだい」

ということもありますが

 

子供の思いを汲み取りつつ良い方へ一緒に考えられるのでとても穏やかに会話ができます。

 

最後に励ましの言葉で終わるので子供も

今回は失敗したけれど、次はがんばろうという前向きな気持ちが持てるようになりました。

 

 

少し話が脱線しましたが

Yさんはまじめばかりでもありません。

 

ユーモアのある方です。

オヤジギャグも言いますし

ラインのスタンプがアンパンマンだったりと

ギャップで笑わせてくれるような方。

 

hagemasi_12

 

教養があるので受け答えが的確で理論があるので皆が納得。

 

そんな方に褒められたり、励まされたりしたら

この方の顔を潰せない。がんばろう!と思ってしまいます。

 

 

会長も一目置かれるような方で

「Yさんの人材育成力にはかなわない」

と言わしめたほど。

 

 

 

 

「一目置かれるこんな方に、なりたい!」

 

 

 

 

まとめ

三者三様で、年齢も境遇も違いますが

どの方も一緒にいて

気持ちがすがすがしくなるし

皆がなごむような方達です。 

 

hagemasi_13

 

私はこの4月に新しい介護デイサービスの職場で働きはじめ

励まし上手になろうと心掛けて1ヶ月たちました。

 

 

上の3人を真似して利用者の方と接しています。

「天気の悪い中、来てくれてありがとうございます。体調はいかがですか?無理のないよう今日も運動していきましょうね」

 

リハビリ中心のデイサービスなので、運動をがんばろうと励ましています。

 

逆に頑張り過ぎて足を痛めたという話を聞けば

「素晴らしい心掛けで、一生懸命取り組んでくださってありがとうございます。

でも、無理なくやりましょう。時には休むことも大切ですよ。

笑顔で楽しく通ってもらえることが職員の喜びでもあるんです。

100まで健康で長生きしましょうね!」

こうした励ましを送るようにしています。

 

おかげで利用者さんから気軽に声をかけてもらい、信頼関係が築けてきました。

 

hagemasi_14

 

 

ポイントは

「励まし上手」「褒め上手」

これは人間関係を円滑にするテクニック?!

 

励ましの達人Yさん曰く

「相手への励ましの言葉はそのまま、自分へのエールになったりするんだよ」

 

 

身につけるとすんなりと受け入れてもらえ

友達も増えますよ。

 

 

 

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*