手荒れを治すにはワセリンとラップ!

冬の季節、気になるのは手荒れですよね。

私は乾燥肌ということもあり、年中手荒れに悩まされていますが

特に冬の手荒れは本当につらいです。

 

食器洗いやお風呂掃除など、家事や仕事で

手にひび割れができてヒリヒリ痛む。

 

なんとかしようとハンドクリームでケアしたり

ゴム手袋を使うようにして予防したり…。

 

手荒れ対策をすると

お財布がイタイ!

より良い効果を求めるとどうしても価格が高くなってしまう…


【スポンサーリンク】

そう思いませんか?

 

そこで今回はお安く手に入るワセリンとラップで手荒れをケアする方法をご紹介していきたいと思います。

 

私自身、ずっと手荒れに悩んでいたのですが

ワセリンラップはたった一日で効果を実感することができました!

 

私のようにずっと手荒れに悩んでいて

いろんな薬を試してみたけど効果がイマイチ…という方にお勧めです。

 

ワセリンラップのやり方はとっても簡単。塗って巻くだけ!

ワセリンを手の平にとり、温めて伸ばしながら角質に馴染ませるように塗布する。

その上からラップを巻けば完成。

 

夜寝る時だけでも効果はあるので是非試してみてください。

ラップのずれが気になる場合はラップの上から手袋をはめるといいでしょう。

 

ただ、使う手袋は熱のこもりにくい通気性の良いものを選んでください。

熱がこもってしまうと痒みやかぶれといった症状が出てしまうことがあります。

さらに塗布量にも注意が必要です。

ハンドクリームのようにべたべた全体に塗るのではなく、乾燥が気になる部分に薄く塗ってください。

つけすぎると熱がこもってしまい、痒みが増すことがあります。

 

ワセリンを塗ってラップを塗るだけなのになぜ手荒れに効果的なのでしょうか?

その疑問を解決するためにはまず手荒れの原因を知っておきましょう。

 

手荒れの原因

手荒れの原因は乾燥です。

肌の水分は皮膚上の薄い脂で守られているのですが

手洗いなどで洗い流されてしまいます。

 

脂はどんどん分泌されるようにはなっていますが

頻繁に水仕事などをしているとその分泌が追い付かず

どんどん手先の水分が奪われて乾燥状態になります。

 

細菌から肌を守る役割も果たしている脂がなくなることで、ますます手荒れは進行していきます。

特に冬は空気が乾燥し、手先の水分はどんどん奪われていくので手荒れがひどくなりやすいのです。

 

手荒れを防ぐには手先の水分が乾燥しないようにすること。

ということになります。

 

そこで今回のワセリンとラップを使ったケアをするとどうなっていくのか説明します。

 

ワセリンの魅力

ワセリンは皮膚を保護する保湿剤です。

皮膚表面にバリア状態になり、ホコリや悪質物質などから肌を守る働きをしてくれます。


【スポンサーリンク】

化粧水などとは違い肌に浸透することがなく自然治癒力を助ける役割をするので

肌が弱い人やアレルギー体質の人でも安心して使うことができます。

 

水に強く酸化スピードも遅いため、開封後も品質劣化を気にすることなく使うことができます。

ワセリンは赤ちゃんから大人まで誰でも安心して使うことができる上、通常のハンドクリームよりも安価です。

 

 

主なワセリンの種類。困ったら白色ワセリンを買え!

・白色ワセリン

値段、品質などバランスがとれているポピュラーなワセリン。

微量ながらベンゼンなどの不純物が混じってますがそこまで問題にするほどではありません。

 

 

・プロペト

眼球に塗る眼軟膏として使われるほど不純物を取り除いた高品質ワセリンです。

 

 

・サンホワイト

徹底的に不純物が取り除かれたワセリンです。

少量で良く伸び、べたつきもない使い心地です。

 

 

この3つがおすすめです。

精製度が増すとお値段も高くなりますので、

お財布と肌状態と相談しながら選んでみてくださいね。

 

あまりおすすめではないのがヴァセリン。

黄色ワセリンとも呼ばれているワセリンです。

精製度が低いものがあるので痒みなどを引き起こす可能性があると言われています。

 

白色ワセリンとほぼ同額ですので、できれば白色ワセリンを選ぶことをお勧めします。

ワセリンもラップも比較的安価で手に入れることができますし、ワセリンは肌へのリスクも少ないです。

赤ちゃんにも害がないので、育児中の方にも是非おすすめです。

夜寝る時以外でも、抵抗なく手先ケアに使うことができますよ。

もちろん赤ちゃんの乾燥肌にも使うことができるので、自分の手をケアしながら子供の肌ケアもできちゃいます。

 

ワセリンを買ったことがないという方もこれを機に試してみませんか?

(かなえ)

 

関連記事

ヴァセリンの顔への使い方!美しく保つ5つの活用方法!
ドラッグストアの店頭でよく見かけるヴァセリン。 大容量でお手頃価格ですよね。 体や手に使ったことがある人も多いのではないで...

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*