ヴァセリンの顔への使い方!美しく保つ5つの活用方法!

ドラッグストアの店頭でよく見かけるヴァセリン。

大容量でお手頃価格ですよね。

体や手に使ったことがある人も多いのではないでしょうか?

そんなヴァセリンは顔にも使うことができます。

顔への活用方法も色々あるので紹介していきます。

 

a

基本の使い方:化粧下地として

ヴァセリンの元となる素材は石油、つまりオイルでできています。

したがって洗顔オイル同様の効果が期待できます。

 

 

使い方は

普段通り化粧水や乳液を塗ります。


【スポンサーリンク】

その後にヴァセリンを薄く顔に伸ばします。

仕上げにパウダーなど化粧をして完成です。

 

注意として必ず化粧水や乳液を先ににじませてから

ヴァセリンを使用してください。

水と油は混ざらない性質をもっているため

先にヴァセリンを伸ばしてしまうと水がなじまなくなって

かえって乾燥肌になってしまいます。

 

そして、ヴァセリンを使うときには

量にも注意。

普段のクリームの量を使うとべたつきます。

薄くのばして使いましょう。

 

ヴァセリンを薄く伸ばすにはコツがあります。

手のひらに耳かき1、2杯程度のヴァセリンを取ります。

手のひらをこすり合わせるようにして、手のひら全体に伸ばしたら

顔を包み込むようにプレスして顔全体に薄く伸ばします。

 

メイク落としとして

肌荒れの原因になりやすいメイク落とし。

優しい成分のヴァセリンはメイク落としにも使えます。

ティースプーン1杯程のヴァセリンを手のひらで温めます。

 

温め柔らかくなったヴァセリンを顔全体に塗ります。

メイクと馴染ませたらコットンやタオルなどでふき取り、

最後にぬるま湯で洗顔をします。

 

アイラインやマスカラの部分落としにも使えます。

綿棒にヴァセリンを付け馴染ませるとよく取れます。

外出先でのメイク直しにも便利ですよ。

 

毛穴ケアとして

鼻の毛穴や黒ずみ対策に角栓を取るパックをして

毛穴が広がってしまった経験がありませんか?

 

無理に角栓を取ると悪化してしまう毛穴は

ヴァセリンで優しくケアできます。

 

やることはたった3つだけ。

・蒸しタオルを5分程鼻にあてる。

・タオルを取り厚めにヴァセリンを鼻に塗る。

・そのまま寝て翌朝ぬるま湯でヴァセリンを落とす。

 

これを数日続けてください。

朝顔を洗う時にヴァセリンと角栓が取れていきます。

無理に取らないので毛穴が広がる心配なくケアできます。


【スポンサーリンク】

 

フェイスパックとして

ヴァセリンでフェイスパックができます。

入浴中に週に1、2回するだけで

美肌になれるなら試してみたいですよね。

 

洗顔後の濡れている顔全体にヴァセリンを薄く塗る。

湯船にゆっくりつかる。

化粧水を含ませたコットンや暖かいタオルで拭き取る。

 

入浴中の湿度でスチームパックにも!

乾燥肌の人には特におすすめですよ。

 

リップクリームやグロスとして

乾燥した唇のリップクリーム代わりに

ヴァセリンを使った事がある人はいますよね。

 

そんなヴァセリンに口紅を混ぜると

グロスの代わりにもなります。

市販のグロスでは唇が荒れてしまうという人におすすめです。

 

簡単に作れますから試してくださいね。

 

グロスの作り方

ティースプーンにヴァセリンと口紅を同量入れます。

ティースプーンをキャンドルなどで温めながら爪楊枝で混ぜる。

しっかり混ぜたら容器に移して、冷めたら完成。

 

ヴァセリンの注意点

赤ちゃん、肌が弱い敏感肌、アトピーのある方は

精製度の高い商品ですとトラブルなく使えます。

 

精製度が高い商品には

「白色ワセリン」「プロペトホーム」「サンホワイト」があります。

特に手荒れを治すにはワセリンとラップがおすすめです。

詳しくはこちらの記事で

手荒れを治すにはワセリンとラップ!
冬の季節、気になるのは手荒れですよね。 私は乾燥肌ということもあり、年中手荒れに悩まされていますが 特に冬の手荒れは本当に...

 

ヴァセリンを塗ったまま日光に当たると油焼けすることがあります。

せっかく美容のために塗っても油焼けしては意味がありませんよね。

 

 

したがって、風呂上がりや就寝前のお手入れに使うことを

おすすめします。

高価な美容クリームに比べると

付加要素はないヴァセリン。

 

ですが安価で添加物のないシンプルな成分は安心して使えます。

色々な使い方がありますので試してくださいね。

 

(ゆみ)


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*