頭頂部の薄毛。女性も30代からのケアが大切

先日久しぶりに高校時代の同級生に会いました。

お互い年齢を重ねて30代も半ば。

 

「最近白髪が目立つようになった」

「ストレスや睡眠不足が関係するそうだよ」

「やっぱ、旦那がストレスかも~」

 

なんて冗談めいた話をし、お互い

「元気でね~」

と、別れたのですが

 

白髪だけでなく

実は髪の毛で気になることが他にも。


【スポンサーリンク】

分け目の部分の頭皮が目立つように・・・

 

もう何十年も分け目を変えたことがなく

「このままだと、おばあさんになって

ここからハゲるんじゃあ・・・」

なんて、不安になりました。

 

そこで、美容院に行った時に

実際はどうなのだろう?と

プロの美容師さんに聞いてみました。

 

「女性も将来、はげるんでしょうか?」

「今からできる、薄毛の予防はありますか?」

 

分け目から、ハゲるの?

0d0db893580606c93ae6b37e0987a39c_s

 

髪のこと、頭皮のことはやはりプロに聞くのが一番!

そこで、まず始めに聞いたのが

分け目のこと

長年同じ分け目で過ごしていると

やはり、分け目の部分は薄くなるのだとか。

 

特に同じ分け目で、髪の毛をきつく縛っていると

その部分から薄くなるそうです。

 

毎日同じ分け目で縛った場合

毛根にダメージが強くなるのは

分け目の部分。

 

たとえば舞妓さんや芸子さんは

しっかりと型崩れのないように

髪の毛を結い上げます。

 

かなりの強さで髪を引っ張られるそうです。

そして毎日あの日本髪をくずして結い上げるのではなく

一度結ったら、2週間はずっとそのままだとか。

 

髪の毛が引っ張られ続けますので

芸歴を重ねた芸鼓さんの中には

特に強く髪を結い上げる土台の部分が

ハゲてしまっている方もいるそうです。

 

まわりの髪を上手に結いあげて隠しているそうですが

自分にも思い当たる節が。

 

仕事に出る時にはいつも

同じ分け目で、後ろに1本おばさん縛り。

 

分け目を変えるとなんとなく違和感があり

いつも同じ分け目に同じ髪型なんです。

 

同じ髪型で強く縛りすぎるとハゲる。

これを聞いて、その日のセットは

分け目を意識的に変えてもらいました。

 

薄毛を予防!今日からできる!

4e017267ef8056b07a5ae53a407dfa1b_s

 

還暦をすぎた母が付き合いでウイッグの展示会に行ってきました。

 

中高年の女性は

ハゲてこそいませんが

髪の毛のボリュームがなくなり

頭皮が目立つのが悩み。

 

母を誘った方も薄毛が気になり

部分的なウィッグを着けてみたい。

けれど一人じゃ寂しいからと

母が誘われたそう。

 

その方は70過ぎの方ですが

そこはやはり、髪は女の命。

女性ですからいくつになっても気になるそうです。

 

白髪染めやパーマを繰り返し

頭髪のボリュームがなくなってきて

「年寄り臭くて嫌だ」

と、ウイッグの展示会へ行こうと思ったそうです。

 

美容師さんのお話ですと

この髪の毛のボリューム。

 

髪に栄養がしっかりと行き届かなくなったことが原因だそうです。

毛穴も小さくなり一本の太さが細くなり

髪の毛の数は同じでも見た目で薄毛になったと感じてしまうのだとか。

 

髪の毛の栄養は血液から運ばれます。

頭には腕や足のように筋肉がないためどうしても老化しやすいのだとか。

 

血流を良くしてあげることでハリやツヤのある栄養の行き渡った髪が保てるそうです。

 

カラーリング、パーマ液、それに加えて女性は加齢によって

髪を作るホルモンのエストロゲンが減少することも原因の1つ。

 

防ぎようがないのかと思い


【スポンサーリンク】

この、「毛根のやせ細り」を防ぐ手軽な方法を聞いてみました。

bde3cdb61ad01481161a808fba606863_s

 

その方法は簡単。

「毎日のシャンプーで頭皮の血行を良くすること」

だそうです。

 

具体的な方法は

指の腹を使い、頭皮を押し込むように

揉み込むように洗うこと。

 

3分ほど、ぐっと5回ほど押さえこんで

指を離す。

これを丁寧に行うと血行がよくなるそう。

 

私は今までワシャワシャと

髪を洗っていたのですがそれを伝えると

「やりすぎると摩擦で髪が痛みますよ」

「頭皮の脂をとりすぎてしまい、フケやかゆみの原因にもなります」

と言われてしまいました。

 

シャンプーは1日1回、寝る前が適当だそうです。

 

髪の汚れは泡の力で落ちるそうなので

ある程度泡立ったら

ワシャワシャ洗うのではなく

頭皮のマッサージをするのがポイント。

 

やってみると時間がかかるので

私は湯船に浸かってから行うようにしています。

 

特に中高年になり、薄毛が気になる頭頂部を

30代のうちから、ケアをすることが大切だとか。

 

血行だけでなく食事からの栄養

しっかと睡眠時間を取ること

ストレスをためないことも

薄毛を防ぐ大切なポイントだそうです。

 

忙しくて栄養のバランスの取れてない食事を続けていたり

若いから大丈夫と、無理をして

睡眠不足が続いたりすると

ストレスもたまります。

 

髪の健康に気をつけてみると

普段からの健康にも通じることが

わかりました。

 

頭皮も顔の皮膚の延長上にあるので

血行不良からくる頭皮のたるみが

顔のたるみにもつながるそうです。

 

それを聞いて

シャンプーのやり方をマッサージするように変えるだけで

顔のたるみも防げるのならやるべきだなぁと思いました。

 

芸能人の君島十和子さんも

実践しているという頭皮マッサージ。

君島さんはシャンプーを流す時には

上を向いて顔がたるまないよう

泡を流すのだとか。

 

さすが徹底していらっしゃる!

たかがシャンプーといえど

毎日のこと。

毎日良い洗い方をしていてれば

髪だけでなく顔の美容にもなるのですね。

自分に合ったシャンプーをみつけよう

シャンプーを変えた時に

かゆみやフケが出る

抜け毛が増えた気がするようなら

使用を取りやめて下さいとのこと。

 

やはり合う合わないはありますし

頭皮が荒れれば髪の毛にもダメージが…

過度なカラーリングは頭皮を荒らす原因だとか。

 

硬い土で栄養の少ない土で育った大根と

柔らかく栄養の豊富な土で育った大根では

太く長くおいしい大根ができるのは、のびのびと育つ柔らかく栄養豊富な土。

 

毎日のシャンプーは髪の毛の育つ

土ならぬ頭皮を耕す?!作業なのですね。

 

まとめ

1b1ecabb2c361edf68bd8b99743ee3cc_s

健康的にのびのびと髪が育つには

頭皮のケアから。

 

睡眠、栄養、ストレスも上手に解消して

将来の薄毛に備えましょう。

 

どうも薄毛が気になる…という方は

人により髪の毛の太さや質が違うので

髪質に合うシャンプーやトリートメントの

購入を検討してみるといいでしょう。

 

早く健康的な髪になりたいと願うのであれば

女性用の育毛剤もあります。

男性用の物とは成分が違うそうなのでご注意を。

 

ともあれ、まずは

頭皮のマッサージを意識した毎日のシャンプー。

 

これを実践してみましょう。

髪の漢字の中には長い友という字が含まれます。

 

長く健康的な友であり続けてほしいものですね♪


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*