妊婦が悩む象足。簡単解消方法は足を高くして血行改善!

妊娠中は驚くべき

身体の変化がありますね。

お腹が大きくなって

体重が増えていくだけでなく、

皮膚の変化や味覚の変化、

精神的なものの変化も。

 

そして、約30%の妊婦さんに見られる

症状に’’むくみ’’があります。

特にお腹のベイビーが成長、

一気に重みがます妊娠後期は


【スポンサーリンク】

むくみやすいと言われています。

 

足がむくむなぁ、と思い始めた矢先、

足首がなくなって足の甲が

パンパンに膨れてる、何これ~!

これが、象足と呼ばれるむくみです。

 

まずは、どうして

象足になってしまうのか

お話ししていきましょう。

 

象足は身体の水分が一気に増えるから

 

お腹のベイビーにスムーズに

栄養を送り込むため、

血液中の血漿と呼ばれる水分が

妊娠前より約40%も増え

サラサラ状態になります。

身体中の細胞間にも

水分が満たされることで足がむくみます。

 

さらに、お腹のベイビーの重みで

足の付け目の血管が押されること、

妊娠中は運動も制限されることから

ますますむくんでしまうのです。

 

むくみが酷くなったり、

まったく改善されないような状態は

要注意です。

下記の症状のうち、1つでも

当てはまる場合は、

妊娠高血圧症候群の疑いがあります。

一度、主治医に受診してもらいましょう。

①むくみがあると同時に

1週間で体重が500g以上増えている

②朝起きてもむすみが取れない

③手足だけでなく、顔や

その他のところまでむくんでいる

④手足の甲・むこうずねを押し、

へこみがなかなか元に戻らない

 

このようなむくみは

早急に受診の必要がありますが、

多くの場合はそこまで心配する

必要がありません。

さて、原因が分かったところで、

気になるのが象足の解消法ですね。

実は自分でむくみを解消できるのです。

そして、それはとっても

簡単な方法なのです。

 

それでは早速、ご紹介していきましょう。

 

象足おすすめ簡単解消法は、足を高く上げること!

 

妊婦さんはお腹が大きいだけでも

日常生活が大変ですね。

象足解消法には、

リンパマッサージ、

運動をする、

着圧ソックスを履く、

などなど色々ありますが、

お腹が大きい故に続けることが

大変だったりします。

簡単に続けられることが

とても大事になってきます。

 

そこでおすすめなのなのが、

足を高く上げること。

 

血液は全身を巡っていますが、

子宮が大きくなると下半身が圧迫され


【スポンサーリンク】

循環が悪くなってしまいます。

そしていたって簡単な動作、

「足を高くする」ことで

血行不良の改善が期待できるのです。

臨月はお腹も重く仰向けで

寝ること自体が難しくなりますので

無理はしないでくださいね。

 

ちょっと横になる時や就寝する時、

ふくらはぎの下にタオルや

クッションを入れます。

寝返りを打ってもふくらはぎから

下が高くなる状態になります。

 

起きている時も意識をして、

ソファに座る時は足を降ろさずに

ソファに体そのままを置いてみたり、

アームのところに足をあげてみたり、

オットマンがあれば

是非使ってください。

 

このような簡単な行動を意識することで

むくみに対処できます。

 

あと1つ、おすすめは

「水分をたくさん摂る」ことです。

むくみが心配と言って水分を

控えてしまうのは逆効果になります。

体が水分と体内に留めようとして

しまうからです。

冷たくない常温の水、利尿作用の高い

ハーブティなどが良いですね。

私が妊婦の時はむくみは

さほど感じなかったです。

通っていた病院は坂の上。

季節は夏。

妊娠後期でも毎週ふうふう

言いながら病院に通いました。

自然、水分はたっぷりとって

いたんだと思います。

そして家に戻ったらソファの

アームに足を乗せて休憩していました。

この10cm程度、

足を高くするだけの行動で

ふわ~ぁっとリラックス感が

断然違うことを体感です。

 

妊婦さんには程度の差こそあれ、

ほとんどの人にむくみが出ます。

それでも仕事があったり

出かける用事があったりしますから、

象足で不快感や靴が

履けなくなってしまうことを

避けるためにも、

横になったら足を上げる、

こまめに水分補給、

この2点を意識して

生活に取り入れてみてください。

 

最後に改めて注意点をおさらいします。

①足を高くするのは10cm程度で効果あり。

高くしすぎると足の付け根の

静動脈が圧迫されて逆効果。

②足を20cm以上など高くしすぎると、

普段高血圧の人には

頭痛が起こることも。

 

あまり高くしすぎるのは

自然でなくなりますので

あくまでも少し高く、

自然な姿勢にするというところが

ポイントです。

 

少しでも快適なマタニティライフを

送れるよう応援しています!

 

ここまでお読みいただき、

ありがとうございました。

 

(椿)

 

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*